わたしたちの事業

サービス

地域資源の発掘と
事業企画化

内閣府によって、RESAS:地域経済分析システムが運用され、産業を興す上で必要となる地域資源はある程度集約されていますが、それを生かして「どのようにビジネスモデルを組み立てるのか?」「商品企画をどのようにカタチにしていくのか?」といった発想力と、実際に運用しながら修正していく駆動力と柔軟性がより求められています。

IT導入の成果を定義

令和2年4月7日に閣議決定された補正予算案の中で、生産性革命に向けたIT導入補助金への予算が組まれていますが、地域事業者からの実際の声を聞くと、「そもそも業績向上のためにどの業務をどのくらい効率化したら良いのか?」といった上流工程の設計ができていないという状況であることが多いようです。

IT導入後の運用・
教育・評価体制の整備

上流工程が設計された後に、ITに精通し運用していくことができる人材が地域事業者内で少なく、ツール導入後の運用が機能していないことが多いようです。導入後の業務効率化を管理解析し、今後の運用方針に生かしていくと同時に、IT人材の育成をしていくことが重要です。

産官学ネットワーク・デザイン力・システム開発力、そして駆動力

地域産業創造に向けて、わたしたちは柔軟な発想力や、その発想を実現するための技術力をベースに、上記事業を展開して参ります。
そして、実際に地域に拠点を設け、まちづくりの一員としてリーダーシップを発揮しながら、既に連携が始まっている産官学ネットワークを生かし、さらに新しい価値を共創します。